HOME CARE TSUCHIYA

誰かを守るための攻め時 / 前波優

誰かを守るための攻め時 / 前波優

誰かを守るための攻め時
前波優(ホームケア土屋 九州)

2021年を振り返ると今までに経験したことのない状態からのスタートで、不安を感じる間もなく目の前のことに取り組んでいたような気がします。

2020年11月から新しい会社での支援が始まり、クライアントには今までと変わらず支援を継続して安心していただく。

1人1人訪問して不安を与えないように説明をしていたのが懐かしく感じます。

アテンダントにも安心して働いていただけるように声をかけたり情報を発信していました。

2021年3月には各県に新しい事業所を始めることができ、元の体制を取り戻せました。

自分の中にも少しは不安があったと思うのですが、関わっている事業所の正常運営を考えているうちに不安は無くなっていきました。

とにかく関わっているエリアを落ち着かせたいという思いで走り回っていました。

自分の中の感覚では「守りの1年」でした。

主に人材育成、体制作りに時間を割いていました。

まだまだ不安定な部分もありますが、1年前に比べると土台作りが出来たと思います。

個人的には新しい経験を積めて自信をもてる部分も見つかったような気がします。

そして2022年は分かりやすく「攻めの1年」を目標にします。

私たちの仕事で攻めるとは、会社のミッションの「小さな声」を探し求めるということです。

支援が必要な方の声が聞こえても、支援に入れるアテンダントがいないと成立しないので、人材の採用、育成も継続していきます。

まだ支援を届けることが出来ていないエリアを2~3市町村始められたら良いなと根拠なく考えています。

新たなクライアント、アテンダント、他事業所の方との出会いが多い1年にしたいですね。

関わった人を大事にできる人間になりたいです。

コロナの状態にもよりますが、もっと広い範囲の事業所と関わっていきたいです。

九州ブロックを拡大して安定した状態になるように貢献したいです。

思いつく目標を書いてみましたが、達成できなくても何かを得れたら次に繋がると思ってます。

個人としては無事に厄年を抜けて元気で長く働くために生活の改善をします。

ちなみに2年ぶりの健康診断の結果は最悪でした。

何事も元気じゃないと取り組めないし楽しくないですよね。

ここに書いてしまったので、1年後ぐらいには「変わったね」と言ってもらえるように頑張ります。

あとはコロナが収束してくれれば旅行に行きたいですね。

先ずは熊本に行こうと思っているので詳しい方がいたらお勧めを教えて下さい。

今年も元気に笑顔で前向きに突き進んでいく予定です。

プロフィール
前波優 ホームケア土屋 九州

22歳の時に看護助手として介護を始める。
3年後に独学で介護福祉士を取得。
趣味はスポーツ観戦(特にNBA、格闘技)

050-3733-3443