HOME CARE TSUCHIYA

いよいよゴールデンウィーク / 雪下岳彦

いよいよゴールデンウィーク / 雪下岳彦

いよいよゴールデンウィーク
雪下岳彦

今年もまたゴールデンウィークがやってきますね。

長い人は10連休だそうですが、まだ海外旅行というわけにはいかなそうです。

それでも、国内の小旅行は増えそうですね。

私の場合、毎年4月29日は新潟大学医学部ラグビー部との定期戦、通称「新潟戦」の日です。

新潟戦は、新潟と東京で1年ごと交互に開催されます。

昼間に現役学生の試合とOB戦をして、夜は懇親会をします。

ホームの現役学生は、アウェイ側の同学年を接待することになっていて、ここで仲良くなります。

新潟に行ったときはおいしい魚が食べられるので、いつも楽しみにしていました。

最近は、東京開催の時に試合を見に行っていました。

普段、なかなか会えない先輩後輩に会えるので、楽しみなイベントでした。

大学に入学した年からずっと「4月29日は新潟戦」という習慣が出来上がっているので、見に行かないときでも新潟戦はどうだったかな?と気になってしまいます。

しかし、コロナ禍となり新潟戦も開催できなくなってしまいました。

医学生や医師が多数集まることになってしまうので、まだ開催は難しいところです。

来年こそは開催されるといいなと願っています。

私のゴールデンウィークは、家でゆっくり過ごしつつ、ちょっとたまっている仕事をやる感じですね。

みなさんのゴールデンウィークが、いい時間になりますように!

プロフィール
雪下 岳彦(ゆきした たけひこ)

1996年、順天堂大学医学部在学時にラグビー試合中の事故で脊髄損傷となり、以後車いすの生活となる。

1998年、医師免許取得。順天堂医院精神科にて研修医修了後、ハワイ大学(心理学)、サンディエゴ州立大学大学院(スポーツ心理学)に留学。

2011年、順天堂大学大学院医学研究科にて自律神経の研究を行い、医学博士号取得。

2012年より、順天堂大学 医学部 非常勤講師。

2016年から18年まで、スポーツ庁 参与。

050-3733-3443