HOME CARE TSUCHIYA

「仲間がいる」と思える人を増やす / 植松聖

「仲間がいる」と思える人を増やす / 植松聖

「仲間がいる」と思える人を増やす
植松聖(ホームケア土屋 大阪)

皆様初めまして

今年1月からホームケア土屋大阪でオフィスマネージャーをさせて頂いております植松と申します。

まず簡単に私の事を書きますと、私は前職では金融関係の営業職をやっていたのですが、この仕事を続けていて良いんだろうか・・・と考える毎日でした。

そんな中で会社が半ば倒産するような形になり、漠然と次の仕事は人の役に立てる事をしたいという思いから17年程やってきた営業職は辞めて、不安はありつつも無資格・未経験で介護の世界に飛び込みました。

最初は続けていけるだろうかという心配が大きかったですが、今はこの仕事をずっと続けたいと思っています。

そして今回のテーマ「2022年の抱負」ですが、私が今年やりたい事はアテンダントの繋がりを強くするという事です。

訪問介護という仕事は基本的に直行直帰ですし、繋がりが薄くなりがちです。

私もまだお会いした事もないアテンダントもいらっしゃいます。

まずは、仕事の事で知りたい事や困った時など、どんな些細な事でも何かあった時にはとりあえず植松に聞けば・言えば良いと思ってもらえるよう、アテンダントお一人お一人とコミュニケーションをなるべく多く取るようにしたいです。

ご家族同居や二人介助もありますが、基本的にはクライアントとアテンダントの1対1であり、相談したい事があっても出来ないこともあるかもしれませんので、皆さんが不安や心配、気になる事などを内にため込む事なく発散する為に、愚痴でも何でも聞かせて下さる存在になり、毎日の支援に少しでも気持ちよく入って頂くための助けになれれば嬉しいです。

次に、人との関わりが少ない方が良いという方もいらっしゃると思いますし、コロナ禍ですから大勢で集まるというのは難しいですが、アテンダント同士の交流の場を作り、皆で情報や思いを共有し、孤独感なく同じ土屋の仲間として皆で協力して安心して支援に入る事ができる環境にして、

この職場で良かった!

と思えるようにしたいです。

そうした環境が広がり、仲間が増えていけば、結果として数多くのクライアントの小さな声に応える事ができますし、より良い支援につながると思います。

そして土屋さんで良かった!〇〇さんで良かった!というお声でまた私たちも元気がでます。

このお互いに良い影響を与え合える関係を築けるよう努めていきます。

アテンダント・クライアントを始め、関係者全員が今年も1年普段の暮らしを幸せと感じられる環境を作れるよう微力ながら力一杯動いていきます。

2022年どうぞ宜しくお願い致します。

プロフィール
植松聖 ホームケア土屋 大阪

050-3733-3443