HOME CARE TSUCHIYA

「何気ないやり取り」は、離れているからこそ大事~いいチーム作り~ / 近藤祐輔

「何気ないやり取り」は、離れているからこそ大事~いいチーム作り~ / 近藤祐輔

「何気ないやり取り」は、離れているからこそ大事~いいチーム作り~
近藤祐輔(ホームケア土屋 静岡)

私は、どんな仕事をしていても、「必ず『チーム』というものに属す事になる」と思っています。

それは、大きいチームから小さいチームまで、業種は様々になりますが、いろんなチームにみんなが属して、自分の仕事を行っていると思います。

その中でよく聴くのが「いいチーム」や「チームワーク」などのワードです。

正直なところ、いつも私はこれに苦戦しますが、ここが仕事のやりがいの一つでもあります。

仕事場の仲間と作るチーム、関連企業と一緒に作るチーム…と、いろいろな人間関係が発生して、大小様々なチームを築き上げて行きます。

私たちの仕事である訪問介護では、常にチームの中心にはクライアントとなります。

クライアントは「どんな障害があっても、住み慣れた自宅で生活をしたい」と言う思いを持っている人になります。

この思いを持つクライアントの周りに大きなチームが出来ていきます。

まず、ケアマネジャーと繋がり何に困っているのかを聴きどうして欲しいのか、一緒に考え、介護に必要な時間を決めます。

このニーズが決まると私達の社内にてクライアントを支援するメンバーのチーム作りを考えて行くことになります。

ここが一番難しく、一番楽しいとも言える所になります。

仕事内容が自宅に訪問し、クライアントとアテンダント(ヘルパー)と1対1での介護の仕事になります。

いろいろな事を一人で行わないといけなくなるので、安心して仕事ができる環境作りをしていきます。

クライアント、クライアント家族、アテンダントと、それぞれの思いを聞いて、それぞれが思う考えを解決に導いて行かないといけません。

人と人の繋がりで成り立つ仕事のため、その時々でいろんな楽しいことや時には問題も起こる事もあります。

その際に、私が様々なクライアントのチームを築く際に意識しているのは

「知識、スキルの共有」と「スタッフに何気ない連絡」を心掛けています。

私達は日々、顔を合わせる事が出来ない状況で仕事を行っています。

一人一人が、その時々で抱えてる問題やストレスなどに、相手からの相談がないと気づく事が出来ず、一人で抱え込んでしまうと言う事が起こることもありました。

そう言う失敗から学び、介護現場での「いいチーム」を維持していけるように心掛け、細やかな気づかいができるようアテンダント、クライアント共にたくさんコミュニケーションを取ることを意識して、いいチーム作りが出来る、いいチームリーダーを目指して行きたいと思います。

プロフィール
近藤祐輔 ホームケア土屋 静岡

愛知県豊田市出身 現在、浜松市在住
趣味:サーフィン(ヘルニアで休養中)
やりたい事:庭をDIYにてリフォーム(勉強中)、今年は家族でキャンプに行く

050-3733-3443