HOME CARE TSUCHIYA

心・技・体ー2022年の抱負ー / 長瀬賢亮

心・技・体ー2022年の抱負ー / 長瀬賢亮

心・技・体ー2022年の抱負ー
長瀬賢亮(ホームケア土屋 高知)

抱負=「心の中に持っている計画・決意」。

今まで「今年は〇〇をしよう!」や「今年は〇〇に気をつけよう!」と考えることはあっても、あまりこのように文字にすることはありませんでした。

あらためて「抱負」について調べると、まず「抱負」を「決める・決めない」、決めた「抱負」を文字に「する・しない」でも大きく1年の過ごし方が変わってくるようです。

恥ずかしながら今まで出来ていなかったので、今年は文字にして取り組んでいこうと思います。

まずは仕事面での抱負は「公平無私」としようと決めました。

公平無私とは、「自分の利益や主観、感情を判断基準から外し、物事を公平に進めようとすること、およびそのような態度・生き方。」

今は事業所の管理者として様々な事を判断し決断するのが私の役割です。

私の前職は小売業でしたがモノを販売する小売業と違い、介護は人が人のお手伝いをするという事で様々な事が起き、またそのほとんどが個人の主観や感情からくるものです。

他人の自宅に行くという仕事なのでクライアント側、アテンダント側、いままで生活してきた環境が違い、各家庭のハウスルールのようなモノもあります。

「これはこうするのが常識だよ」などとよく聞きますが、10人いれば10人の考え方や常識があり、なかなか全員に納得してもらえるような答えが出せなくても理解はしてもらえるような答えを出せる様に意識しています。

ですが、時には私自身の感情が強く出てしまい、事後冷静に考えると違った答えもあったのではないかと反省することもありました。

もちろん人間なので感情をなくす事は出来ませんが、今年は自分の感情が強く出そうな際もまずは一度深呼吸をして落ち着き、自分の感情を理解し、冷静に、そして出来事をポジティブに捉えて判断、決断をし、良好な事業所運営をしていきたいと思います。

そして個人の抱負は「自己研鑽と健康」としようと決めました。

私は今年で介護業界で働き始めて3年目になり、来年2023年1月には介護福祉士試験の受験が出来ます。

もちろん生涯学習は当然なのですが、今までは業務を理由に試験勉強等はあまりしていませんでした。

今年は来年の試験の一発合格に向けてしっかりと勉強をして知識を身につけていこうと思います。

1日30分。これを来年の試験日前日まで継続します。

健康。良い仕事をするにはやはり自身が健康でないといけません。

土屋に入社して私の体はどんどん育っていっています…。

前職では勤務日は1日に1万歩ほど歩いていましたが今はほとんど歩くことはなく、支援に入ってもそんなに歩かないので平均しても1日に3000歩ほどしか歩いていません。

まずは1日30分の運動。これも今年は実行します。

改めて自分を見つめ直すと色々な思いや考えが出てきます。

日常を過ごしていると気付けない事も多いので、定期的に立ち止まり自身を見つめ直していこうと思います。

プロフィール
長瀬賢亮 ホームケア土屋 高知

050-3733-3443