HOME CARE TSUCHIYA

千葉ロッテマリーンズ、シーズン終了 / 雪下岳彦

千葉ロッテマリーンズ、シーズン終了 / 雪下岳彦

千葉ロッテマリーンズ、シーズン終了
雪下岳彦

クライマックスシリーズのファイナルステージ、チームドクターをしている千葉ロッテマリーンズは、オリックス・バファローズに敗退で、シーズン終了となりました。

バッファローズは打つべき人が打ち、投げるべき人が投げ、本当に強かったですね。

なんとか1勝をつかみ取って、佐々木朗希投手が投げるのを見たかったんですが、それもかなわず。

それでも、2期連続でリーグ2位という成績は立派です!

しかし、リーグ優勝するには、若手の成長が必要不可欠。

そんな若手の選手たちは、来シーズンに備えて、CS敗退後からすぐに猛練習に励んでいます。

応援したくなる若手選手がたくさんいる千葉ロッテマリーンズの応援を、ぜひともよろしくお願いいたします!

プロフィール
雪下 岳彦(ゆきした たけひこ)

1996年、順天堂大学医学部在学時にラグビー試合中の事故で脊髄損傷となり、以後車いすの生活となる。

1998年、医師免許取得。順天堂医院精神科にて研修医修了後、ハワイ大学(心理学)、サンディエゴ州立大学大学院(スポーツ心理学)に留学。

2011年、順天堂大学大学院医学研究科にて自律神経の研究を行い、医学博士号取得。

2012年より、順天堂大学 医学部 非常勤講師。

2016年から18年まで、スポーツ庁 参与。

2019年より、順天堂大学 スポーツ健康科学部 非常勤講師を併任。

2020年より、千葉ロッテマリーンズ チームドクター。

医学、スポーツ心理学、自律神経研究、栄養医学、および自身の怪我によるハンディキャップの経験に基づき、パフォーマンスの改善、QOL(Quality of Life:人生の質)の向上、スポーツ観戦のバリアフリーについてのアドバイスも行っている。

050-3733-3443