HOME CARE TSUCHIYA

「重度訪問介護を広げていく!」 / 尾上真奈花

「重度訪問介護を広げていく!」 / 尾上真奈花

「重度訪問介護を広げていく!」
尾上真奈花(ホームケア土屋 九州)

私は、2020年4月に初めて介護業界に足を踏み入れました。

学生時代は接客業のアルバイトを行っており、人と関わるのがすごく楽しく、相手の趣味や嗜好などを把握し、記憶しておくのが得意でした。

卒業後は看護師として勤務しましたが、「やっぱり自分を生かした接客業をしたいな」と思いネット求人で「看護師」「営業」のキーワードで探していたところ土屋が引っかかり、「看護師免許を生かして働ける」というところにすごく魅力を感じたため応募しました。

面接の際に「重度訪問介護って聞いたことありますか?」と尋ねられましたが、介護業界自体が初めてで、面接中に様々なワードが出てくる中で、「重度」や「人工呼吸器」「医療的ケア」などの、私があまり好きではないワードが出てきたため、「とても難しい職種」というのが一番最初の印象でした。

面接に来てくださる方のほとんどが、そのような思いになっていると思います。

そのため辞退する方や、面接まで踏み切れないと思いますが、勿体ないです!!

私は重度訪問介護に対してそんな印象だったのに、なぜこの会社に入ったのかというと、「色々とマンネリしていたので新しいことがしたい」という思いで入社しました。

初めて入ったクライアントはALS(筋萎縮性側索硬化症)の方で、人工呼吸器を装着していました。

吸引や胃ろうに関する、いわゆる「医療的ケア」については、幸いにも看護師免許を保有していたので、実地研修は不要で、即戦力として働き始めることが出来ました。

「1対1の介護でクライアントのペースに合わせて支援が出来る」というのが、訪問系の魅力ではありますが、それぞれのお宅で、手順や使用物品が異なるため、1件のクライアントに上手に介入できたからと言って、次も上手くいくとは限りません。

人対人のため、どうしても好みや相性などが出てきます。

心が折れそうな場面もありますが、たくさんのクライアントと関わる中で、色んなことをインプットしアウトプットしていくことで、介護技術はもちろん、関わり方などが向上していける、というやりがいもあります。

介護は『大変・きつい・給料が安い』と思っている方は多いですが、土屋の凄いところは、介護業界でも高水準の給与や、資格取得のサポート、各ポジションでやりがいを見いだせると、いうところです。

給与に関しては、当社のHPを見ていただければ幸いですが、有資格者にはしっかりと手当が付きます。

また資格取得のサポートに関しては重度訪問介護で従事するにあたっての資格や医療的ケア(吸引・胃ろう)が可能となる3号研修を入社前に無料で取得できます。

入社後は初任者研修や実務者研修も、受講料無料で取得できます。(一部条件あり)

ただ、「きつい」や「大変」はそれぞれの感じ方になるので、「絶対に大丈夫です!」とは言い切れませんが、AIでは出来ない人の手で行う仕事のため、慣れていけばやりがいもありますし、どこの事業所もスタッフ間の仲が良いため、雰囲気も良く、楽しく仕事ができると思います。

私も最初は不安でした。

しかし、優しい上司や様々なクライアントに支えられ、日々自分に目標を課して、それを達成し、「仕事が楽しい!」と思いながらここまで続けることができ、本当に土屋に入って良かったと思ってます。

これを読んでくださったあなたがもし、「難しそう」という理由だけで諦めそうになっているなら、「話だけ聞きたい!」ということでも大歓迎ですので、以下の応募フォームから、申し込みをお願いします。

プロフィール
尾上真奈花 ホームケア土屋 九州

看護師免許保有

好きなものは肉と刺身と温泉
新しいことにチャレンジするのが好き

大分生まれ大分育ち

26歳で土屋に入り27歳でオフィスマネージャー

050-3733-3443