HOME CARE TSUCHIYA

完全試合 / 雪下岳彦

完全試合 / 雪下岳彦

完全試合
雪下岳彦

すごいことをやってくれました、佐々木朗希投手!

4月10日のオリックス・バッファローズ戦で完全試合を成し遂げました!

彼の能力を考えると、そのうちノーヒットノーランはやってくれるだろうとは思ってましたが、まさかいきなり完全試合とは!

この試合、テレビで最初から見てましたが、途中で13人連続三振を取ったときも興奮しました。

そして、ゲーム終盤になると、ノーヒットノーランか、いや完全試合の可能性もあるぞとなり、妙な緊張感が出てきました。

そして9回裏、内野ゴロ2つで2アウト。

守っている選手も、さぞかし緊張したことでしょう。

最後のバッターは三振に打ち取り、完全試合達成!

奪った三振は、なんと19個!

27アウトのうち19を三振で取ったことになります。

しかも、この試合で投げた球数は105球。

三振19個を取るのに57球は必要なので、ほとんど無駄な球は投げなかったということですね。

これも凄すぎます!

また、佐々木朗希投手をリードしたルーキー松川捕手も素晴らしかったです!

高卒ルーキーの松川捕手は、まだ18歳ですが、プロ18年目くらいの頼りがいある雰囲気を醸し出しています。

佐々木朗希投手は20歳なので、バッテリー2人合わせても38歳!私よりずっと年下ですね。

若い力が、物凄いことを成し遂げてくれました!

この快挙は、ひさびさの明るいニュースだと思います。

若い人達の活躍する姿は、パワーになりますね!

今週もがんばります!

プロフィール
雪下 岳彦(ゆきした たけひこ)

1996年、順天堂大学医学部在学時にラグビー試合中の事故で脊髄損傷となり、以後車いすの生活となる。

1998年、医師免許取得。順天堂医院精神科にて研修医修了後、ハワイ大学(心理学)、サンディエゴ州立大学大学院(スポーツ心理学)に留学。

2011年、順天堂大学大学院医学研究科にて自律神経の研究を行い、医学博士号取得。

2012年より、順天堂大学 医学部 非常勤講師。

2016年から18年まで、スポーツ庁 参与。

050-3733-3443