HOME CARE TSUCHIYA

球春到来 / 雪下岳彦

球春到来 / 雪下岳彦

球春到来
雪下岳彦

プロ野球の開幕まで、いよいよ1週間ほどになりました。

現在行われているオープン戦も、日に日に緊張感が高まっています。

開幕の1軍メンバーに選ばれることは一つの目標だと思うので、チャンスをつかもうとがんばっています。

これまでは「球春」と聞いても、あまりピンと来ませんでした。

マリーンズのサポートを始める前は、アメリカ留学中に大好きになったメジャーリーグばかり見ていたのです。

そのため、球春というよりは"Baseball is back!!"という感じでした。

マリーンズのサポートを始めてからの2年は、新型コロナウイルスのパンデミックという、かつて経験したことのない状況下で、正直「球春」どころではなかったです。

2020年は、開幕が6月に延期になりました。

2021年は、観客上限5000人での開幕でした。

そして2022年、今年は初めて「球春」を感じています。

コロナ感染第6波の最中ではありますが、感じています。

この歳になると、こういうワクワク感は新鮮であると共に貴重なものです。

週刊ベースボールのマリーンズ特集号を買いました。

今年版のプロ野球選手名鑑も買いました。

今から開幕が楽しみです!

よろしければ、千葉ロッテマリーンズの応援、よろしくお願いいたします!

プロフィール
雪下 岳彦(ゆきした たけひこ)

1996年、順天堂大学医学部在学時にラグビー試合中の事故で脊髄損傷となり、以後車いすの生活となる。

1998年、医師免許取得。順天堂医院精神科にて研修医修了後、ハワイ大学(心理学)、サンディエゴ州立大学大学院(スポーツ心理学)に留学。

2011年、順天堂大学大学院医学研究科にて自律神経の研究を行い、医学博士号取得。

2012年より、順天堂大学 医学部 非常勤講師。

2016年から18年まで、スポーツ庁 参与。

050-3733-3443