HOME CARE TSUCHIYA

直行直帰だからこそ、誰かと働く良さが際立つ~重度訪問介護の資格をとって働いてみて思うこと~ / 田中雄二

直行直帰だからこそ、誰かと働く良さが際立つ~重度訪問介護の資格をとって働いてみて思うこと~ / 田中雄二

直行直帰だからこそ、誰かと働く良さが際立つ~重度訪問介護の資格をとって働いてみて思うこと~
田中雄二(ホームケア土屋 九州)

私はこの重度訪問介護を行って訪問介護という職種柄、直行直帰という勤務スタイルで孤独感を感じる場面が多々あり、何かにつまづいた時に誰に相談したら良いのかわからずに悩むことも多くありました。

そんな時、同じ現場の先輩マネージャーが話をじっくり聞いてくださり、自分自身の考え方や捉え方を変えなければならない部分もありましたが、そこを強く指摘したりするのではなく、私自身の性格を見極めてくださり、アドバイスやご指導をしていただきました。それから私自身の考え方も変わりました。

コーディネーターになった時にクライアント、アテンダントからの情報が錯綜してしまい、情報が一人歩きし混乱してしまうことがあり、何が混乱の原因となっているかを、クライアントやアテンダントとしっかり話すことで探ることができ、誤解されていた部分を取り除くことができました。

話し合い、向き合うことがどれだけ大切かということを実感した出来事でした。

まずはクライアントの気持ちに寄り添うこと、悩んだり一人で抱え込んでしまうことのないようにアテンダント一人ひとりへの気遣いを忘れず、丁寧に向き合う姿勢を大切にし、業務遂行に努めていこうという意識を強く持てるようになりました。

クライアントに対して、重度訪問介護についてしっかりお話し、クライアントの思いや希望に寄り添うこと、クライアントが新しいサービスを取り入れていくことの不安などもあり、一つひとつ意向を確認しながら進めていきました。

その結果、クライアントのアテンダントへの信頼も次第に厚くなり、「土屋さんだから任せられる」というお言葉をいただき、その先の新規案件のご紹介へと繋げていただきました。

誠心誠意を持って、まずは自分自身を信じていただける行動をとることを心がけています。

またマネージャーになり私一人では決して仕事はできないと実感し、クライアントやアテンダントあっての私があるので、時には意見の違いで言い合うこともありましたが、否定するだけではなく受容していくことで話しやすい環境を作っていき、クライアント、アテンダントにも信頼してもらえるように仕事していきます。

プロフィール
田中雄二 ホームケア土屋 九州

所属事務所:ホームケア土屋九州 オフィスマネージャー
資格:介護福祉士 保育士 社会福祉主事任用資格 
介護を始めた時期:2008年4月
趣味:野球、美味しいお店探し

050-3733-3443